スクールについて

トイズの6つの特長

1. 独⾃カリキュラムでハワイならではのテクニックが学べる

トイズの講師は、主宰のおもたにせいじをはじめとするプロのミュージシャンがつとめています。

レッスンは、基礎トレーニングに加え、ハワイで直々に体験し⾝につけたハワイならではのウクレレのテクニックも教えるなど、トイズ独⾃のカリキュラムを採⽤しています。

2. ⼊⾨クラスはマンツーマンから始められる少人数制で基礎をしっかり学べる

楽器を触るのが初めての⽅の場合、グループレッスンだと他の⼈のペースについていけなかったり、質問しづらく、なかなか上達できないということもあります。トイズでは、⼊⾨クラスは個⼈レッスンから始められる少人数制なので、じっくりと基礎を⾝につけることができます。


3.仲間と⼀緒に楽しくレベルアップ♪

ハワイには、「KANIKAPILA(カニカピラ)」と言って楽器を弾いて歌ったり踊ったりするパーティや音楽イベントがあります。

年1回開催するトイズの発表会では、ハワイの料理を⾷べたりしながら参加でき、KANIKAPILAの雰囲気そのものです。

他にも、ハワイツアーや、カヤック体験などのイベントも盛りだくさん!また、教室の生徒有志で結成された “トイズウクレレ楽団”という、20数名のウクレレのアンサンブルチームもあります。

さらに、仲間同⼠でバンドを結成してライブ活動している⽣徒もいます! だから、自然と仲良くなって、仲間と⼀緒に楽しくレベルアップできるのです。(中には生徒同士で結婚した⽅もいます!!)


4. ウクレレだけじゃない! スラックキーギターやボーカル等も学べる

トイズでは、スラックキーギター(ハワイ独特のチューニング奏法)や、アコースティックギター、ベース、ボーカル、オカリナ(座間のみ)など、ウクレレ以外にもいろいろな楽器を学ぶことができます。


5. ⽉3回のレッスンだから、しっかり⾝に付く

⽉2回のレッスン体制の教室が多い中、トイズでは⽉に3回のレッスンを⾏っています。

⽉2回の場合、レッスン後2週間の間に習った内容が⾝体から抜けてしまいがちです。

⼀⽅、第1,2,4週という間隔での⽉3回体制ですと、第1,2週に続けてレッスンすることで⾝体に馴染みやすく、その後2週間レッスンが空いたとしても、身体が覚えているため無理なく⾃然に技術を⾝につけることができるのです。


6. ハワイ語やリボンレイなど多彩なワークショップも開催

トイズでは、ハワイや日本で活躍しているプロのウクレレプレイヤーを招いてワークショップを開催するなど、より本格的なテクニックを学ぶ機会も設けています。

さらに、ハワイ語や⼿帳スケッチ、リボンレイなど、楽器だけでなく様々なワークショップなども開催しています!

トイズの⽣徒でなくてもご参加いただけます。

気になるワークショップがあったら気軽にご参加ください!

ご挨拶

私が、ウクレレとハワイ音楽に関わることになったきっかけの一つに、20数年前にハワイ島のハヴィという町で「Ukulele &Slack Key Guitar Festival」を見た時の光景があります。

それは、町外れの小さな野外ステージでのイベントで、観客が自由に食べたり飲んだり、そばで子供達が遊んだりしながら、みんなが演奏者に精一杯の声援を送っていて、演奏者と観客が一体となって楽しんでいたのです。当時の日本でそんなイベントを見たことがなく、これぞ音楽を楽しむ理想の空気感であると実感し、それをもっと多くの方に伝えたいとの思いからウクレレとスラックキーギターの教室を立ち上げました。

この教室で、楽しいウクレレ&ハワイ三昧のひとときをすごしていただけると幸いです。

トイズミュージックスクール 主宰 おもたに せいじ