講師インタビュー

座間教室

ウクレレクラスを担当しているKeiko先生にお話をうかがいました!

Keiko

Keiko(AO AQUA)

担当:ウクレレ

──ウクレレをはじめたきっかけは?
 家に父のウクレレがあり、ある日ポロンと弾いてみたらとても明るく優しい音色で。そこからハマりました。私の生徒でもウクレレをはじめる方の半分くらいの方は、そんなきっかけで来られます。

──ハーモニーホール座間レギュラーワークショップの魅力は何ですか?
 グループレッスンなので、きっと一人で弾くより楽しいです。だいたい同レベルの方でクラスが分かれているので、遠慮なくわからないことも聞いていただけます。パート分けしてハーモニーを作れるようになってくると、また楽しさも増します。
 選曲は私が現役ハワイアン歌手であるため、ハワイアン曲の弾き語りが多いです。ウクレレを弾きながら歌もどんどん歌います。それだけでなく、簡単なメロディのソロ弾きと合奏も取り入れています。

──現在、使用しているウクレレは? 選んだ理由は?
 ステージで使用するものは、日本人ビルダー制作の「matsui ukulele(コンサート)」。コアのウクレレらしい音色が気に入っています。
マウイの「Mele Ukulele(テナー6弦)」は、ハワイらしいパワフルさを出したい時に使用。レッスンなどでは、KIWAYAの「k ukulele(ソプラノ)」を使用しています(写真右)。ボディが薄めで抱えやすく、コードも押さえやすくて安定感抜群です。

──普段、どんな練習をしていますか?
 音楽はリズムがとても重要だと思うので、リズムやテンポキープの練習など。

lesson──ウクレレのレッスンで一番こだわっていることは何ですか?
 まずは1時間皆でウクレレを弾いて楽しかったー!と思えること。
 
──座間ウクレレクラスはどんな雰囲気ですか?
 皆さん和気あいあいと明るい雰囲気で、毎回大笑いしながらレッスンしています。新しいお仲間ができるのもウクレレの魅力ですね。

 ──普段はどんな音楽活動をしていますか?
  ウクレレを持って全国、ハワイにも演奏しに行っています。
 ハワイアンソロシンガーとしての出演や、フラの発表会、大会などでも演奏。日本語やハワイ語の オリジナル曲の作詞作曲もしています。

 ──音楽以外の趣味は何ですか?
  フラですね。


──これからウクレレをはじめようと思っている方にメッセージをお願いします。
 今クラスに通っている方々に聞いてみると、「ウクレレを始めたいと思ったけど、思い切るまでに1年かかった」とか、「なかなか踏み出せなかった」という方が多くいらっしゃいます。 でも通いはじめた皆さんが共通しておっしゃるのは、「ウクレレって、楽器ってこんなに楽しいんだ!」ということ。「世界が明るくなった!」とまでおっしゃる方も。きっと、人生の楽しみがひとつ増えることと思います。ぜひ、お待ちしています!


素敵な歌声のKeiko先生のレッスンは、ウクレレを弾きながら歌いたい方にオススメ! 初めての方でも楽しく参加できます。ぜひ一度、体験レッスンに足を運んでみてください。レッスンの見学もお気軽にどうぞ。



中山よしお | 吉野裕子 | 山野陽祐 | 本多薫 | Keiko | 吉岡研一郎 | 

<