講師インタビュー

座間教室

ギターとウクレレクラスを担当している山野陽祐先生にお話をうかがいました!

やまの ようすけ

山野 陽祐(やまの ようすけ)

担当:
アコースティックギター
エレキギター
ウクレレ(2018年1月開講)

──音楽をはじめたきっかけは?
 父親がクラシックギターを制作していることもあって、生まれたときから家では常にバッハやモーツァルトといったクラシック音楽が大音量で流れていました(笑)。 そんな事もあり、気がついたら家にあったクラシックギターをポロポロ弾いていたのがはじまりだったと思います。

──ハーモニーホール座間レギュラーワークショップの魅力は何ですか?
 アコースティックギターの入門コースや初級コース、エレキギターのコースなどグレードやジャンルの違うコースがあるので、自身のレベルにあったコースが選べ、それでいて切磋琢磨出来る環境で楽しくレッスン出来るのが魅力です。

──現在、愛用しているギターは? その選んだ理由は?
 愛用しているエレキギターは「Sugi」という国産のギターです(写真右)。長野県に工場があり、メーカーさんに無理言って現地までギターの材料となる木材を見に行って選ばせてもらい、自分好みのギターになるよう相談して作って頂きました。出来上がった時はとっても嬉しかったのを覚えています。アコースティックギターは「Gibson J200」を愛用しています(写真左上)。これはもう完全に一目惚れですね(笑)。もちろん音も素晴らしく大切な一本です。

──普段、どんな練習をしていますか?
 基礎練習は毎日かかさずやっています。あと、最近ではバッハなどクラシックの曲などをエレキギターで弾いたりとかもしています。エレキギターとクラシック音楽、ジャンルが全然遠く感じるかもしれないですが、そのような曲を弾く時は、未だ見ぬ斬新な運指が必要だったり、なによりメロディが素晴らしいので、フレーズの宝庫でもありますし、歌心も身に付きます。

lesson ──ギターのレッスンで一番こだわっていることは何ですか?
  ストロークにしてもソロにしてもまずは歌心を大事にしています。
 
 ──座間クラスはどんなクラスですか?
  皆さんとても明るくて元気があってギターを楽しんで弾いていらっしゃり、日々上達していくのが自分の事のように嬉しくなります。

 ──普段はどんな音楽活動をしていますか?
  アーティストさんのライブのサポートやレコーディングなどが多いですね。また最近では、楽曲提供などのお仕事も頂けるようになってきたので、これからは曲もたくさん書いていけるようになれればと思っています。

──心に残る1曲は何ですか?
 これは難しい質問ですね(笑)たくさんあり過ぎて…。ギター曲ということではエリック・ジョンソンの『遥かなるドーヴァー』ですね。学生時代に取り憑かれたようにこの人のアルバムを聞いてました(笑)

──音楽以外の趣味は何ですか?
 趣味は野球です。やるのも観るのも好きですね。下手したらコンサートを見に行くより、野球見に行くことの方が多いかもですね(笑)

──これからギターをはじめようと思っている方にメッセージをお願いします。
 ギターはとにかく楽しむことが一番です! 大好きな曲を演奏出来るようになるととっても嬉しいものです! ギターという楽器が皆さまにとって人生豊かになるものであれば幸いです!


親しみやすい雰囲気の山野先生のレッスンは、楽器を初めて弾く方でも楽しく参加できます。
ぜひ一度、体験レッスンに足を運んでみてください。レッスンの見学もお気軽にどうぞ。



中山よしお | 吉野裕子 | 山野陽祐 | 本多薫 | Keiko |  吉岡研一郎 |

<